プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊加工した全く新しいタイプの花で、その柔らかな質感と摘みたてのような美しさは生花そのものなのに、生花に必須の水がいらないのです。

 

これは1991年にフランスで国際特許公開となった『長寿な切り花』の製造技術に単を発しており、その特殊な加工方法は、まず新鮮な植物の樹液を脱水し、人体に無害な有機保存液を浸透させた後に排水、乾燥させるという4つの工程をたどります。

これにより自然な形、柔らかさ、ボリュームという植物の組織を完全に保った不思議な花ができあがります。

 

プリザーブド(preserved)とは『保存』を意味しており、 今までのエアーズドライやフリーズドライのように枯れ、縮み、変色という部分がほとんどなく、いつまでも生花のような弾力を保つことができるとともに色落ちが少ないため、お写真の前撮り時やお部屋のインテリア等、多方面での幅広い活用が可能になりました。

また真空保存加工を施せば、その美しさを半永久的に保つことができる生花の加工花です。

プリザーブドフラワー壁掛け
プリザーブドフラワー壁掛け